食材

【料理の初心者向け】サラダ油とオリーブオイルの違いを徹底比較!

料理をするのに欠かせない調味料といえば『油』です。

炒めものや揚げ物、ドレッシングなど様々な料理で使用します。

しかし、普段から料理をしている人でも『サラダ油』と『オリーブオイル』の違いを正確に把握している人は意外と少ないです。

たしかにどちらも油という点では同じですが、香り使い方などに大きな違いがあります。

ヤユキ

『サラダ油』と『オリーブオイル』の違いがわかれば、普段の料理をもっと美味しくすることができるよ。

この記事では『サラダ油』と『オリーブオイル』の違いを項目別に比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

名称
サラダ油

オリーブオイル
原料菜種、綿実、大豆、ごま、ひまわり、とうもろこし、
紅花、米、落花生
オリーブの果実
味・香り無味無臭辛味や苦み
清々しい果実の香り
性質固まらない10℃以下で固まる
カロリー(大さじ1杯あたり)111kcal107kcal
値段(1,000mlあたり)500円前後約700円~2,000円

サラダ油とオリーブオイルの違いを項目別に比較

サラダ油とオリーブオイルを以下の項目別で比較しました。

原料を比較

サラダ油とオリーブオイルは、それぞれ異なる原料から抽出されます。

サラダ油
オリーブオイル
  • 菜種
  • 綿実
  • 大豆
  • ごま
  • ひまわり
  • とうもろこし
  • 紅花
  • 落花生
  • オリーブの果実

サラダ油とは、種子を原料にして作られた植物油のこと。

原料に明確な決まりはなく、上記のどれを使用しても『サラダ油』と表記することができます。

ヤユキ

2種類以上の原料を混ぜたものは『調合サラダ油』と呼ばれるよ。

サラダ油がさまざまな種子から作られるのに対し、オリーブオイルはオリーブの果実からのみ抽出されます。

オリーブオイルには9種類のランクが存在し、国際オリーブ協会(IOC)が官能検査や酸度を計測してそれぞれのランクを定めています。

ヤユキ

オリーブオイルは世界的に認められているってことだね。

>>オリーブオイルの『ピュア』『エキストラ』の違いを解説

味・香りを比較

サラダ油は、種子から抽出したエキスを精製しているため、無味無臭です。

一方でオリーブオイルは、オリーブの果実に含まれる、ポリフェノール類などの抗酸化物質の影響で、辛味苦み清々しい果実の香りなどを感じます。

ヤユキ

オリーブの品種や収穫時期、生産地、搾油方法などよって味や香りが変わるよ。

固まる?性質の違いを比較

サラダ油は低温でも固まりませんが、オリーブオイルの場合は10℃以下になると固まってしまいます

オリーブオイルが固まってしまうのは、オレイン酸という成分が低温によって凝固してしまうのが原因。

ヤユキ

ぬるま湯につければ元に戻るよ。

またサラダ油が固まらないのは、精製時に固まる成分を完全に取り除いているからです。

カロリーを比較

サラダ油とオリーブオイルのカロリーは、ほとんど同じです。

大さじ1杯あたり

サラダ油111kcal
オリーブオイル107kcal

「オリーブオイルは低カロリー」というイメージがありますが、実はバターやマーガリンより高カロリー。

たしかにカロリーは同じですが、オリーブオイルはオレイン酸を多く含んでいるため「健康的でヘルシー」という位置づけになっています。

値段を比較

サラダ油の原料には比較的安価なものが多く、オリーブオイルより安いです。

1,000mlあたり

サラダ油500円前後
オリーブオイル約700~2,000円

オリーブオイルは生産地やランクによって値段が変わりますが、一般的なスーパーで取り扱っているものだと1,000mlで約700~2,000円の場合が多いです。

ヤユキ

最高級ランクのオリーブオイルだと、500mlで数万円なんてことも。

健康に良いのはオリーブオイル

オリーブオイルの主要成分は『オレイン酸』という脂肪成分です。

オレイン酸は一価不飽和脂肪酸(いっかふほうわしぼうさん)に分類される脂質の一種で、善玉コレステロール(HDL)を保持したまま、悪玉コレステロール(LDL)の増加を抑える働きがあります。

これにより心筋梗塞、脳梗塞、高血圧などの生活習慣病の予防や改善に効果的です。

ヤユキ

オレイン酸を摂取すると、便秘の解消にもつながるよ。

一方でサラダ油にも、コレステロールを下げる『リノール酸』という成分が含まれています。

しかしリノール酸には酸化しやすいという欠点があり、空気や光に触れたり加熱したりすると『過酸化脂質』に変化してしまいます。

ヤユキ

過酸化脂質を大量摂取すると、「ガンや動脈硬化の原因になる」って言われてるよ。

揚げ物をするならサラダ油?オリーブオイル?

揚げ物をした際に、余計な油を摂取したくないならオリーブオイルがおすすめです。

オリーブオイルはサラダ油に比べて、食材へ油が浸透しにくいという性質があります。

これが「オリーブオイルはヘルシー」と言われる理由の一つで、食材に熱を伝えるスピードが速いため、油を吸収せずカラッと揚げることができます。

ヤユキ

余計な油を食べないから、胃もたれを起こしにくくなるよ。

サラダ油とオリーブオイルは混ぜてもOK

「オリーブオイルで揚げ物をしたいけど、値段が高い……」という場合には、2つの油を混ぜて使用しましょう。

サラダ油とオリーブオイルはどちらも油なので、混ぜても全く問題ありません

2つの油を混ぜることで、サラダ油の酸化が軽減され、オリーブオイルのオレイン酸を摂取することができます。

ヤユキ

サラダ油とオリーブオイルは1:3で混ぜるのがおすすめ。

2つの油を混ぜることで、サラダ油だけよりも食感や香りが良くなり、オリーブオイルのコストを抑えることもできます。

サラダ油とオリーブオイルの使い分け方

サラダ油とオリーブオイルは以下のとおりに使い分けるのがオススメです。

  • 和食 → サラダ油
  • 洋食 → オリーブオイル
  • 素材の味を活かしたい → サラダ油
  • 料理にアクセントや香り足したい → オリーブオイル
加熱するピュアオリーブオイル
サラダ油
加熱しないエキストラバージンオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイルだけは加熱すると香り薄くなってしまうので、非加熱で使いましょう。

プロおすすめのオリーブオイル

オリーブオイルは多くのメーカが販売しており、産地やランクによって味も変わります。

安すぎるものを選んでしまうと香りがまったくしないですし、あまり高価なものを選んでも家庭で使うには正直もったいない。

そこで「オリーブオイルを使いたいけど、どれを選んだらいいかわからない」という人のために、コスパが良くて美味しいオリーブオイルを2つだけ紹介します。

ヤユキ

フレンチレストランで数十本のオリーブオイルを使ってきた中から選んだよ。

ソル・レオーネ ピュア・オリーブオイル

イタリア国内で収穫したオリーブの果実だけを使用しているオリーブオイルです。

オリーブオイル特有の辛味や苦みがほとんどなく、ほんのりとオリーブの風味を感じるのが特徴です。

また加熱しても香りが落ちないので、炒めものや揚げ物などの加熱料理に最適。

ヤユキ

「オリーブオイルがまったくわからない」という人は、これを選べば後悔しないはず!

¥1,470 (2022/11/11 02:02時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

プラネタ エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

イタリアの名門ワイナリーが製造しているエキストラバージンオリーブオイルです。

先ほどの紹介したピュアオリーブオイルとは違い、喉を通るときの苦みやさわやかなオリーブの香りは本場さながらの味わい。

加熱すると香りが薄れてしまうので、パンや完成した料理にかけて食べるのがおすすめです。

ヤユキ

好き嫌いが分かれるかもしれないけど、レストランのコース料理でも使うほど本格的な味だよ。

¥2,455 (2022/11/11 02:23時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

サラダ油とオリーブオイルの違いを徹底比較|まとめ

あらためてサラダ油とオリーブオイルの違いは以下のとおりです。

名称
サラダ油

オリーブオイル
原料菜種、綿実、大豆、ごま、ひまわり、とうもろこし、
紅花、米、落花生
オリーブの果実
味・香り無味無臭辛味や苦み
清々しい果実の香り
性質固まらない10℃以下で固まる
カロリー(大さじ1杯あたり)111kcal107kcal
値段(1,000mlあたり)500円前後約700円~2,000円

オリーブオイルはサラダ油と比べて値段が高いですが、揚げ物にも最適ですし、生活習慣病の予防に効果があるオレイン酸も含まれています。

しかし、人によってはオリーブオイルの香りや味が体に合わない場合もあります。

いくら健康に良いからといって、料理が美味しくなければ元も子もないですよね。

もしオリーブオイルが気になっていて「使ってみたい」と思っているなら、クセの少ないソル・レオーネ ピュア・オリーブオイルから始めてみるのがおすすめですよ。

関連記事
オリーブオイルのピュアとエキストラの違い
オリーブオイルの『ピュア』『エキストラ』の違いを解説!美味しいのはどっち?

続きを見る

-食材