食材

知らないと恥ずかしい!?世界三大珍味の特徴をフレンチシェフが徹底解説!

世界三大珍味といえば『トリュフ』、
キャビア』、『フォアグラ』です。

メディアで取り上げられることが多いので、一度は名前を聞いたことがありますよね。

しかし、名前は有名ですが、その特徴まで詳しく知っている人は意外と少ないです。

ちなみに

  • トリュフ → キノコ
  • キャビア → 魚の卵
  • フォアグラ → 鶏の肝臓

というのは、知っていましたか?

「食べる機会がないから、別に困らない」なんて思うかもしれませんが、結婚式の披露宴では必ずと言っていいほど登場する食材たちです。

料理が運ばれてきても、いま自分が何を食べているのか分からないなんて、ちょっと気まずいですよね。

そんなことにならないために、この記事では世界三大珍味の特徴について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

世界三大珍味の特徴

世界三大珍味の特徴を現役フレンチシェフの筆者が、詳しく解説していきます。

トリュフの正体は『キノコ』

トリュフは和名で『セイヨウショウロ(西洋松露)』というキノコです。

別名「黒いダイヤ」とも呼ばれています。

キノコというとシイタケやシメジのような形をイメージしますが、トリュフの形は丸いかたまり状。

フランスやイタリアなどの限られた地域でのみ収穫が可能で、希少な食べ物です。

また、トリュフは地中深くに埋まっているため、人間の目で見つけることができず、豚に臭いをたどらせるという特殊な収穫方法でも有名です。

>>【トリュフ】を豚が見つけられる理由!犬との違いは?

そして驚くことに、トリュフには、ほとんど味がありません。

トリュフは味ではなく香りを楽しむ食材なのです。

その芳醇な香りで世界中の美食家たちを魅了してきたトリュフ。

種類は大きく分けて『黒トリュフ』と『白トリュフ』があり、それぞれ香りも全く違います。

トリュフの香りについては詳しく解説すると長くなってしまうので、気になる人はこちらから

あわせて読みたい
世界三大珍味のトリュフの味は?現役フレンチシェフが解説

続きを見る

キャビアの正体は『チョウザメの卵』

キャビアは別名【黒い真珠】とも呼ばれ、チョウザメの卵を塩漬けにしたものです。

チョウザメの種類でランク分けされており、粒の大きさや味も異なります。

  • ベルーガ
  • オシェトラ
  • セヴルーガ

なかでもベルーガは、最も味わい深いキャビアとして有名で「キャビアの王様」と称されるほど。

値段も一番高いです。

また、同じランクのキャビアでも、製造方法の違いでさらに2種類に分けられます。

  • フレッシュキャビア
  • パストライズキャビア

世界三大珍味の中でもキャビアは種類が多い食材です。

ランクや製造方法によって味が全く違うので、しっかりと覚えておきたいところ。

キャビアの詳しい味についてこちら

あわせて読みたい
【キャビアの味は美味しい?】フレンチシェフが詳しく解説

続きを見る

フォアグラの正体は『カモやガチョウの肝臓』

フォアグラとはカモやガチョウの肝臓のことです。

肝臓というと一般的なレバーを想像しますが、フォアグラの作り方はかなり特殊。

生後3か月のカモやガチョウに強制的に餌を与え続け、肝臓にまで脂肪を含ませていきます。

そして人間でいうところの「肝硬変」になってしまった肝臓こそがフォアグラなんです。

脂が多いので、「口に入れた瞬間に溶けてなくなった」と表現されることでも有名ですよね。

しかし、フォアグラの作り方は動物愛護の観点から賛否両論あります。

最近では販売を中止する国も増えているので、日本でも食べられなくなる日がくるかもしれませんね。

フォアグラの詳しい味についてはこちら

あわせて読みたい
フォアグラの味は?「まずい」と言われる理由をフレンチシェフが解説

続きを見る

スポンサーリンク

世界三大珍味の値段

世界三大珍味はどれも生産や収穫が難しく希少なため値段も高いです。

ここからは『トリュフ』『キャビア』『フォアグラ』の値段について解説していきます。

しかし、生産地や加工方法によって値段はピンキリなので、あくまで目安だということを覚えておいてくださいね。

トリュフの値段

黒トリュフより白トリュフのほうが希少性が高く、値段も倍ぐらい高いです。

  • 黒トリュフ → 約23,000円
  • 白トリュフ → 約49,000円

※100グラムで計算しています

白トリュフが2300万円で取引されたなんてニュースもあります。

しかし、これはフレッシュトリュフの値段です。

冷凍品になると少し香りは落ちてしまいますが、それでも値段は半分ぐらいになります。

それでも高いですけどね。

キャビアの値段

キャビアはランクや製造方法で値段が大きく変わります。

気になる値段は50グラムで約8,000円~30,000円ほど。

もちろん値段が高いほうが上質なキャビアですが、味の好みは人それぞれなので高いほう美味しいというわけではありません。

フォアグラの値段

フォアグラは世界三大珍味の中では値段が控えめ。

決して安いわけではないですが、相場は100gで約1,000円です。

ちょっと意外ですよね。

しかし、これがレストランで食べると3~5倍の値段になります。

その理由は、フォアグラの下処理や調理が難しく、専門のプロでないと美味しく料理できないからです。

またフォアグラに合うソースや付け合わせも高価なものが多く、どうしても値段が高くなってしまいます。

なので、元の値段は控えめですが、高級食材となっているのです。

世界三大珍味って誰が決めたの?

実は世界三大珍味という言葉は世界共通の言葉ではありません。

日本では世界三大珍味といえば『トリュフ』『キャビア』『フォアグラ』というのが浸透していますが、国外ではそれほど認知されている言葉ではないんです。

なので、誰が言い始めたのかも曖昧というのが真実。

そもそも世界三大珍味という明確な定義はなく、希少でしかも見た目と味にギャップがある食材がそう呼ばれているだけです。

欧州の食材がメインなので、昔の有名なフランス人シェフが「歴史あるフランス料理において、これが世界三大珍味だ!」とか言ったんだと個人的には思っています。

日本人にとってフランス料理は「美味しいけど敷居が高い」というイメージが昔からあるので、それも影響しているのではないでしょうか。

日本や中国にも三大珍味がある

世界三大珍味といえば『トリュフ』『キャビア』『フォアグラ』ですが、日本や中国にもそれぞれ三大珍味というものが存在します。

日本三大珍味

  • うに
  • このわた
  • からすみ

珍味なので、食べたことがない人もいますよね。

中国三大珍味

  • フカヒレ
  • アワビ
  • 海ツバメの巣

中華料理の高級食材といえばって感じですね。

どれも一度は聞いたことがある食材ですが、三大珍味に選ばれているなんて知らない人のほうが多いですよね。

世界三大珍味の特徴|まとめ

トリュフ
丸いかたまり状のキノコ
黒トリュフと白トリュフがある
味ではなく香りを楽しむ食材
キャビア
チョウザメの卵を塩漬けにしたもの
チョウザメの種類によってランクがある
同じランクでも製造方法で味が変わる
フォアグラ
カモやガチョウの肝臓
口に入れた瞬間に溶けてなくなる
下処理や調理が難しい

世界三大珍味はたしかに高級食材なので、なかなか食べられないイメージがありますよね。

しかし、今はネットも普及しているので、「本当に食べてみたい」と思えば、意外と簡単に食べられます。

たとえば俺のフレンチで有名な会社が、
俺のECという宅配サービスやっていて1,814円(税込)でトリュフとフォアグラが食べられるので、気になる人は覗いてみるのもいいかもしれませんね。

実際に注文してみましたが、本物のトリュフとフォアグラでしたよ。

>>【俺のEC】口コミ・評判は?現役フレンチシェフが実際に注文してみた

あわせて読みたい
【俺のEC】口コミ・評判は?現役フレンチシェフが実際に注文してみた

続きを見る

-食材
-, ,