食材

トリュフオイルのおすすめ3選!現役フレンチシェフが使い方を解説!

トリュフといえば、フォアグラキャビアに並ぶ、世界三大珍味として有名です。

他の食材にはない豊かな香りが特徴で、世界中の美食家たちを虜にしてきました。

しかし、生のトリュフは値段が高いので、実際に食べたことがない人も多いはず。

そこで今話題になっているのが、『トリュフオイル』。

生のトリュフと肩を並べるほど香りが強く、たった数滴かけるだけで、いつもの料理が高級レストランの味に変わります。

たしかに値段は安くないですが、それでも生のトリュフと比べれば1/4程度

この記事では現役フレンチシェフの筆者が、トリュフオイルの特徴や使い方を詳しく解説しています。

また、実際に使ってみて「これはリピート確定!」と思ったもの3つ紹介しているので、迷ったときは参考にしてみてください。

すぐにトリュフオイルのおすすめを確認したい人は、ここからスキップ

トリュフは世界一希少なキノコ

トリュフオイルを解説する前に、「そもそもトリュフってなに?」という人もいると思うので、簡単に説明しておきます。

トリュフとは、フランスやスペイン、イタリアなどの限られた地域でのみ収穫できるキノコのこと。

フランス料理では定番の高級食材で、独特の香りが特徴。

また、地中深くに埋まっていることから、肉眼では見つけることができず、姿を見せないキノコとしても有名です。

関連トリュフってどんな味?香りや食感をフレンチシェフが徹底解説!

トリュフオイルとは

トリュフオイルとは、オリーブオイルにトリュフの香りをうつした調味料のこと。

使用しているオリーブオイルによって香りが変わるので、品質の良いエキストラヴァージンオリーブオイルのものを選ぶのがおすすめです。

また、値段の安いものだと、実際にトリュフを使っていない場合もあるので注意が必要。

  • トリュフをオリーブオイルに漬けたもの
  • トリュフをオリーブオイルに漬けて香料を足したもの
  • 香料だけで実際にはトリュフを使っていないもの

トリュフを漬けて作っているかで香りが全く違うので、本物の香りを楽しみたいなら、トリュフ入りのものを選びましょう。

ヤユキ
ヤユキ

家庭で使うなら、トリュフ+香料がコスパも良く最適ですよ。

『黒トリュフオイル』と『白トリュフオイル』がある

トリュフは大きく分けると『黒トリュフ』と『白トリュフ』の2種類があります。

見た目の違いは歴然ですが、香りは全然違います

黒トリュフオイルの香り

黒トリュフオイルの香りは、

黒トリュフの香り

  • 土のような匂い
  • 森林の中にいるような香り
  • 切った瞬間の木の匂い
  • 湧き水のような香り
ヤユキ
ヤユキ

他の食材では感じることがない、植物性の香りです。

白トリュフオイルの香り

白トリュフオイルの香りは、

白トリュフの香り

  • 濃厚なバターのような香り
  • ほのかに動物の匂い
  • アーモンドのような香り
  • ニンニクのような匂い

白トリュフは、黒トリュフよりも香りが強く、動物性のハッキリとした匂いがします。

ヤユキ
ヤユキ

『芳醇な香り』って表現されることが多いかな。

トリュフオイルの味はオリーブオイルと同じ

もともとトリュフには味がほとんどありません

なので、味はオリーブオイルとほぼ同じです。

とはいえ、口に入れた瞬間にトリュフ独特の香りが広がるので、もの足りなさは感じないはず。

トリュフオイルの使い方

トリュフオイルはとても香りが強い調味料です。

使い方を間違えると、せっかく作った料理を台無しにしてしまうことも。

  • 加熱しない
  • かけ過ぎない
  • できるだけ早めに使い切る

加熱しない

トリュフオイルは加熱してはいけません

加熱してしまうと、トリュフの香りが薄れてしまうからです。

もともと黒トリュフは加熱すると香りが増すという特徴がありますが、トリュフオイルの場合は厳禁。

かけ過ぎない

トリュフオイルはとても香りが強いので、かけすぎると料理の味がわからなくなります。

たしかにトリュフの香りは食欲をそそりますが、かけすぎたら美味しくありません。

数滴でも十分にトリュフの香りを感じることができますよ。

できるだけ早めに使い切る

トリュフオイルを一度開封すると、どんどん香りが薄れていきます。

理由は、空気に触れることで酸化してしまうから。

あまり容量の大きなものを買ってしまうと、使い切るころにはトリュフの香りがほとんどしません。

家庭で使うなら100ml程度のものを選び、出し惜しみしないで使っていくのがよいでしょう。

トリュフオイルでどんな料理も高級な味に

実際にトリュフオイルをかけてみて、美味しかった食べ方を紹介します。

オムレツ

トリュフオイルは卵との相性抜群です。

温かい卵の風味とトリュフの香りが混ざり合い、この世のものとは思えないほどの贅沢な味わいに

高級ホテルで優雅に朝食を食べている気分。

冷製パスタ

冷製パスタにもトリュフオイルはおすすめです。

パスタにオリーブオイルを絡め、塩コショウで味付けをし、最後にトリュフオイルを数滴たらします。

パスタをすすったときに、さわやかなトリュフの香りが広がります。

ヤユキ
ヤユキ

トマト系でも美味しいですよ。

冷奴

冷奴にかけるのもおすすめです。

豆腐がシンプルな味なので、トリュフの香りを一層引き立ててくれます。

粗びきの黒コショウをかければ、ピリッとしてビールのおつまみにも最適。

粗引き黒コショウは電動のペッパーミルを使うと、粒の大きさを調節できるのでおすすめです。

ポップコーン

トリュフオイル味のポップコーンが発売されていないのが不思議なくらい、美味しいです。

無限に食べられます(笑)

濃い味のポップコーンだとトリュフの香りが感じにくいので、シンプルな塩味にしましょう。

おすすめのトリュフオイル3選

今まで10種類以上のトリュフオイルを使ってきた筆者が、「これを選んどけば後悔しない」と思ったものを3つ紹介します。

ヤユキ
ヤユキ

すべて本物のトリュフが入っています。

INAUDI (イナウディ) 白トリュフオイル

アルバ産の白トリュフを贅沢に使ったトリュフオイルです。

「白トリュフといえばイタリアのアルバ産」といわれるほどで、その香りは別格

ふたを開けた瞬間の芳醇な香りは、もはや生の白トリュフと遜色ありません。

内容量が40mlと少ないですが、本場の白トリュフを感じたいなら、断然おすすめです。

すぐに無くなっちゃうけど、食べる価値あり!

¥2,027 (2024/07/13 16:14時点 | Amazon調べ)

TRUFFLE HUNTER(トリュフハンター)白トリュフオイル

口当たりの良いエキストラヴァージンオリーブオイルを使用したトリュフオイルです。

イナウディのトリュフオイルに比べると香りは控えめですが、白トリュフとオリーブオイルは絶妙の配合バランス。

内容量が100mlと多いわりにコスパが良いのもポイントで、普段の料理にも出し惜しみせず使っていけます。

初めて白トリュフオイルを使うなら、一番扱いやすいかも。

TRUFFLE HUNTER(トリュフハンター)黒トリュフオイル

今回紹介する中で、唯一の黒トリュフオイルです。

黒トリュフ特有の香りが、高級感のあるエキストラヴァージンオリーブオイルの香りと合わさり、最高の仕上がりに。

そこまで香りが強くないので、どんな料理にも合わせやすく、「トリュフオイルを使ってみたいけど、使いこなせるか不安」という人にもおすすめです。

トリュフオイルはギフトにも最適

トリュフオイルは高級感のあるデザインが特徴で、プレゼントやギフトにも人気があります。

トリュフの香りを楽しめるのはもちろんのこと、料理にかけるだけなので誰でも簡単に使えるのも特徴です。

誕生日や引っ越し祝いなどにプレゼントすれば、「トリュフ!?めっちゃオシャレ!」って喜ばれるはず。

ヤユキ
ヤユキ

なかなかセンスのある贈り物だと思いますよ。

あわせて読みたい
【人気のトリュフ調味料】特徴と使い方を解説|ギフトにもおすすめ!

続きを見る

-食材
-