調味料

たった一滴でどんな料理もトリュフ味に!【トリュフオイル】の使い方

キャビア、ファオグラに肩を並べる世界三大珍味のトリュフは、その芳醇な香りで数多くの美食家たちを虜にしてきました。

実際に食べてみたくても高級食材なので値段も高く、気軽には買えないんですよね。

そこで注目され始めたのがトリュフを調味料にした【トリュフオイル】です。

蓋を開けた瞬間、一気にトリュフの香りに包まれる。

そんな感覚になります。

値段もリーズナブルで、たった一滴でトリュフの味を存分に楽しむことができちゃいますよ。

そんなトリュフオイルの魅力をフレンチシェフの僕が解説していきます。

そもそもトリュフとは

フランスやイタリアで収穫されるキノコのことです。

人工栽培することができず、限られた時期にしか収穫できないことから黒いダイヤとも呼ばれています。

トリュフの詳しい内容は高級食材の【トリュフ】ってどんな味?100回以上食べたプロが解説を参考にしてみてください。

トリュフオイルとは

トリュフの香りをオリーブオイルに移したものです。

ですが、ここで注意したいのがトリュフオイルの中には本物のトリュフを使っていない商品もあるということ。

トリュフオイルの種類

  • トリュフをオリーブオイルに漬けたもの
  • トリュフをオリーブオイルに漬けて香料を足したもの
  • 香料のみで実際にはトリュフが使われていなもの

この3種類です。

トリュフのみが使われていれば、その分値段は高くなりますが、もちろん香りは別格

反対に香料のみなら値段も安いですが、トリュフ風味オイルになってしまいます。

おすすめはトリュフ+香料のもの。

理由はこれでも十分にトリュフの香りを感じれるからです。

その確認方法はとても簡単で、原材料トリュフの文字があるかどうかです。

香料のみの商品も使ってみましたが、全く香りが違いますね。

なので、ちゃんと本物のトリュフを漬けたトリュフオイルを使った方がいいですね。

トリュフオイルの味

実際のところオイルなので実はほとんど味はしません

それでも香りの強さから、まるで味があるかのように感じるんです。

トリュフオイルの香り

トリュフオイルも本物のトリュフと同じように黒と白があり、それぞれ香りが違います。

は森の中にいるかのような、ミネラルを含んだ土や木の香りに近いです。

はバターやニンニクのような動物的な香りを感じます。

黒より白の方がより強く香りを感じることができるので人気です。

また、【トリュフ】を豚が見つけられる理由!犬との違いは?からも分かるように媚薬の効果があるとも言われています。

値段は?

もちろん本物のトリュフが多く使われているものほど値段も高くなります。

そして本来は白トリュフの方が希少性が高く、黒トリュフの3倍近い値段がするんです。

ですが、トリュフオイルになると値段の違いはほとんどありません。

両方使ってみて、自分に合った方を使っていきましょう。

プレゼントやギフトとしても人気

トリュフはとても高級なイメージがあるので、贈り物としての人気も高いです。

オシャレなデザインのものも数多くあり、インテリアとして置いておけば「この人料理できる人だな」って思われちゃいますよ。

トリュフオイルを使うときの注意点

一滴かければなんでもトリュフの味になることから万能調味料のように思われがちですが、使い方を間違えれば香りも味も台無しになってしまいます。

できるだけ早めに使い切る

トリュフオイルは蓋を開けた瞬間から香りが薄れていきます。

一品に使う量は多くても3~4滴ぐらいなので、あまり容量の大きなものを買うのはおすすめしません。

まずは小さいものを使い、それを使い切ったら新しいものを買うのが良いでしょう。

その方が香りの劣化が少ないので、トリュフの香りを存分に楽しめます。

加熱しない

炒め物などに使おうとして加熱してしまうと、せっかくの香りが無くなってしまいます。

基本的にトリュフオイルは生で使うのがおすすめです

よく「黒トリュフは加熱すると香りが増すんでしょ?」と言われますが、それはあくまでフレッシュトリュフに限った話です。

野菜炒めなどでトリュフの味を楽しみたい人はトリュフ塩の上手な使い方!いつもの料理がプロの味にで紹介しているトリュフ塩を試してみるのもいいかもしれませんね。

全部にかけない

ホントに香りが強いので全部の料理にかけると、全てがトリュフの香りになってしまいます。

それでは逆に食欲がなくなってしまいますよ。

一度の食事で使うのは多くても2品ぐらいに抑えておくのがいいでしょう。

その方がメリハリがあってトリュフの香りをより強く感じれます。

おすすめの食べ方

これは好みがあるので一概には言えませんが、僕が試して圧倒的に美味しかったものを4つだけ紹介します。

オムレツ

定番中の定番ですよね。

でもトリュフと卵の相性は抜群で、どうしてもかけて食べちゃうんですよね。

冷製パスタ

仕上げにかけるだけで、お店で出てくるような高級感の溢れるパスタになります。

冷ややっこ

意外かもしれませんが最高に美味しいです。

粗引きの黒コショウとトリュフオイルをかければ、贅沢な晩酌の一品が完成します。

粗引き黒コショウはペッパーミルを使えば、更に美味しくなるのでおすすめですよ。

ポップコーン

永遠に食べてられるから、ぜひやってみてください。

これのせいで我が家にはポップコーンが常にストックされているのですw

これを使えば間違いない!

僕が働いているフレンチレストランや自宅で使ってみて、これなら間違いなく美味しい!と思ったトリュフオイルを紹介します。

INAUDI (イナウディ) トリュフオイル 40ml

¥2,309 (2021/04/03 23:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥2,118 (2021/04/03 23:47時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ブランドイナウディ
原材料トリュフ、香料、オリーブオイル
内容量40ml

トリュフやポルチーニ茸の専門メーカーであるイタリア・イナウディの商品です。

下処理から調理、瓶詰めまでを定められた衛生基準で完全に満たし、しかも全て手作業で行われています。

またイナウディ製品の伝統的な味は、ヨーロッパ以外の国々でも非常に高い評価を受けていて、世界中でその品質がみとめられているんです。

しかもイタリア・ピエモンテ州でトリュフ、パスタ、ポルチーニ商品が優れた食品に贈られるPiemonte Food Award 2018」を受賞しています。

特に「白トリフオイル40ml」は、アルバ産の白トリフの天然エキスをオリーブオイルに封じ込めた最高級オイルです。

ピエモンテ州アルバ産の白トリフの味は最高の味と言われ、トリュフの時期になると世界のグルメたちがトリュフの味を求めてやってくるほど。

まとめ 日常的にトリュフオイルを使おう

トリュフオイルはフレッシュトリュフと比べると、かなりお手頃で使いやすいです。

せっかくの美味しいトリュフオイルを、「もったいないから」と出し惜しみをしていれば、どんどん風味が薄れて台無しになってしまいます。

日常的にどんどん使って、世界三大珍味の味を思う存分に堪能してみてはいかがでしょうか。

-調味料

© 2021 yayukiの家