調味料

オリーブオイルの『ピュア』『エキストラ』の違いは?使い方と選び方

オリーブオイルのピュアとエキストラの違い

ヘルシーな油として代表的なオリーブオイル。

健康や美容に効果的なオイルと聞いて、「値段の安いピュアオリーブオイルだけを使っている」という人も多いはず。

そもそもピュアオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルは、特徴や使い方が全く違います。

使い方を間違えていると、せっかくの味や香りが台無しになってしまいますよ。

  • エキストラバージンオリーブオイルは品質の高いオリーブの果実を搾っただけの、未加熱のオリーブオイル
  • ピュアオリーブオイルは食用に向かないオリーブオイルを食べられるように加工し、エキストラバージンオリーブオイルを足したもの

この記事ではピュアオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルの詳しい特徴や使い方、選ぶときのポイントまでわかりやすく解説しています。

ヤユキ

最後まで読んでもらえれば、健康や美容に効果的で、しかも美味しいオリーブオイルを見つけられるようになります。

ピュアオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルの違い

2種類のオリーブオイル

両方ともオリーブオイルという名前がついていますが、香りも味も全然違います。

その理由は、使用しているオリーブの品質と製造方法が違うからです。

エキストラバージンオリーブオイルとは

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実のみを「搾る洗浄遠心分離ろ過」したもの。

国際オリーブ協会(IOC)が定めた酸度0.8%以下で、香りや味などの厳しい基準を満たすことで、初めて『エキストラ』(特別な)の名称を名乗ることができます。

酸度とは

オイルの酸化の度合いを数値化したもので、低いほど良質とされています。

自然界で唯一そのまま飲むことができる油で、天然の一番搾りジュースです。

ヤユキ

油っぽさが無いのが特徴です。

ピュアオリーブオイルとは

食用に不向きなオリーブオイルを精製し、色も味も香りも無くなったものに、バージンオリーブオイルやエキストラバージンオリーブオイルを加え風味付けしたものです。

加えるオリーブオイルの種類や量に明確な決まりはなく、無味無臭のものからしっかりとオリーブの香りがあるものまでさまざま。

ヤユキ

生産者さん次第ってことですね。

裏のラベルに『エキストラ』の表記が無ければ、精製されたピュアオリーブオイルです。

ピュアオリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルと比べ、味も香りも断然低いのが特徴。

ピュア』というのは日本だけの呼び方で、海外では『オリーブオイル』という呼び方で統一されています。

『ピュア』と『エキストラ』だけじゃない!オリーブオイルの種類

オリーブオイルの種類

細かく分類するとオリーブオイルには9種類あります。

酸度
エキストラバージンオリーブオイル0.8%以下 果実そのものの最高品質
バージンオリーブオイル0.8~2.0%エキストラほどではない。オリーブの果実らしい風味の残る品質のオイル
オーディナリーバージンオリーブオイル2.0~3.3%以下 エキストラバージンと同じ製法、バージンの次の品質
ランパンテバージンオリーブオイル3.3%以上 そのままでは食用に不向きな品質のオイル
精製オリーブオイル0.3%以下 食用にされないバージンオリーブオイル(ランパンテ)を精製したもの
ピュアオリーブオイル1.0%以下 精製オリーブオイルにエキストラ、バージン、オーディナリーをブレンド
クルードオリーブポマースオイル規定なしオリーブの搾りかすから、溶剤を使って抽出したオイル
精製オリーブポマースオイル0.3%以下 クルード・オリーブポマースオイルを精製したもの
オリーブポマースオイル1.0%以下 精製オリーブポマースオイルにエキストラ、バージン、オーディナリーをブレンド

これは国際オリーブ協会(IOC)が官能検査や酸度を計測し、それぞれのランクを定めているからです。

ほとんどの食品油が種子から作られるのに対して、オリーブオイルはオリーブの果実から作ります。

オリーブの果実を搾っただけで、加熱などの化学的な加工をしていないものを『バージンオリーブオイル』と呼びます。

この『バージンオリーブオイル』も

  • エキストラバージンオリーブオイル
  • バージンオリーブオイル
  • オーディナリーバージンオリーブオイル
  • ランパンテバージンオリーブオイル

の4つに分類されます。

エキストラバージンオリーブオイルは偽物が多い?

エキストラバージンオリーブオイルの偽物

日本で販売しているエキストラバージンオリーブオイルには、非常に偽物が多いです。

その理由は、国際オリーブ協会(IOC)に日本が加盟していないからです。

ちょっと前に、「オリーブオイルは9種類」と説明しましたよね。

しかし、日本では『ピュアオリーブオイル』と『エキストラバージンオリーブオイル』の
2種類しか販売されていません。

これは国際オリーブ協会(IOC)の基準と、日本農林規格(JAS)の基準が違うためです。

最高品質のオリーブオイルではなくても、日本では『エキストラバージンオリーブオイル』として販売できるんです。

これでは、偽物が多いというのも納得ですね。

ヤユキ

もちろん全てが偽物ではありません。

オリーブオイルが健康に良い理由

オリーブオイルが健康に良い理由

オリーブオイルが健康に良いと言われ理由は、主成分がオレイン酸だからです。

オレイン酸には

  • 大腸を刺激し便秘の解消
  • 悪玉(LDL)コレステロールだけを減らし、血糖値の上昇を抑え、血圧を下げる効果
  • 動脈硬化の予防
  • 心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防

などの効果があります。

また美容の面では、肌の角質や汚れ、乾燥による顔のたるみを改善することにも役立ちます。

オリーブオイルのカロリー

オリーブオイルのカロリー

オリーブオイルはカロリーが少ないと思われていますが、それは間違いです。

サラダ油やごま油と比較しても、4gあたり37kcalで変わりません。

ヘルシーオイルと言われる理由は、「カロリーが少ないから」ではなく、「オレイン酸が中性脂肪をつきにくくする効果があるから」です。

オレイン酸とは

植物油に多く含まれている 不飽和脂肪酸のことで、オメガ9(n-9)系脂肪酸に分類されます。

カロリーは油と同じなので、過剰に摂取すると肥満の原因にもなります

「オリーブオイルは健康や美容に良いからたくさん食べても大丈夫」と勘違いしないようにしましょう。

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルの使い方

ピュアオリーブオイルもエキストラバージンオリーブオイルも生、加熱どちらでも食べられます。

しかし、エキストラバージンオリーブオイルを加熱すると、せっかくの香りと味が薄れてしまうのでおすすめしません。

エキストラバージンオリーブオイルはそのまま、加熱するときは香りの低いピュアオリーブオイルという使い分けましょう。

ちなみにオリーブイルは発煙温度が高く、220℃くらいまで加熱しても煙が出ません。

揚げ物なら170~190℃、炒め物でも200℃程度なので、加熱調理にも最適な油です。

また油切れも良いので余計な油を摂取する心配もありません。

エキストラバージンオリーブオイルの選び方

エキストラバージンオリーブオイルの選び方

美味しくて、健康と美容に良いエキストラバージンオリーブオイルを選ぶには5つのポイントがあります。

  1. 品種、産地
  2. 価格
  3. 遮光瓶
  4. 受賞歴
  5. 早摘みグリーンオリーブを使用

1.品種、産地

オリーブには1,000以上の品種があります。

使用している品種や産地によって、フルーティーなものから辛味が強いものまで様々です。

オリーブの生産国トップ3

  1. スペイン
  2. ギリシャ
  3. イタリア

スペインはオリーブの生産量が2位のギリシャと比べ3倍です。

生産量が多い=品質の高いものが多い

ということなので、まずはスペイン産のオリーブオイルを試してみることをおすすめします。

ちなみに、同じ品種や産地でも生産者によって味や香りも変わります。

ヤユキ

口コミなどを参考に、まずは自分で使ってみましょう。

2.価格

価格が安すぎるオリーブオイルも注意が必要です。

日本ではエキストラバージンオリーブオイルの定義が曖昧なので、極端に安いものは味や香り、品質も悪いです。

美味しくて品質の良いエキストラバージンオリーブオイルが格安で売っていることは絶対にありません。

ヤユキ

500mlで2,000円以下のものは、偽物と思って間違いないでしょう。

3.遮光瓶(しゃこうびん)

容器が遮光瓶のものを選びましょう。

オリーブオイルは光や空気に触れると酸化が進み劣化してしまうからです。

光を防ぐためには、緑や黒の色付き瓶が最適です。

プラスチックの容器だと、未開封の状態でも空気や光に触れてしまいます。

遮光瓶なら開封した時だけ空気に触れるので、劣化を防ぐことができます。

4.受賞歴

オリーブオイルのコンテストで受賞歴があるものを選びましょう。

コンクールで受賞しているということは、味と香りが格段に良く、他のオリーブオイルより評価されている証だからです。

知名度があるので、どうしても値段は高めになってしまいますが、品質も保証されているので安心して使えます。

5.早摘みグリーンオリーブを使用

早摘みグリーンオリーブかどうかにも注目してみましょう。

早摘みグリーンオリーブとは

オリーブの実が完全に熟す前に収穫したもの。

爽やかな香りが特徴で、豊富なポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールにはガンや動脈硬化の予防、シミやしわを防ぐ効果があり、健康や美容が気になる人に人気があります。

しかし、完熟したオリーブの実よりも搾取できる油の量が極端に少なく、作っているメーカーは少ないです。

ヤユキ

味は美味しいけど、コスパ悪いですからね

早摘みグリーンオリーブを使用している
『オリーブハート』というものもあります。

  • オリーブ生産量1位のスペイン産
  • オリーブオイルの品質を保つ遮光瓶
  • 国際オリーブコンクールで2度の金賞を受賞
  • 希少性の高い早摘みグリーンオリーブを使用

【オリーブハート】他のオリーブオイルとの7つの違い!デメリットは?も参考にしてみてください。

まとめ オリーブオイルはただの油じゃない

オリーブオイルは料理の味を引き立たせるだけではなく、健康や美容にも効果的な油です。

しかし、いくら健康や美容に効果があっても美味しくなかったら使いたくないですよね。

自分の嗜好に合ったオリーブオイルを見つけることができれば、食事の時間が今よりも楽しくなり、しかも健康的な体を作ることができます。

ぜひ自分にぴったりのオリーブオイルを見つけてみてください。

-調味料

© 2021 yayukiの家