食材

【キャビアの味は美味しい?】フレンチシェフが詳しく解説

キャビアは世界三大珍味の1つで、別名【黒い真珠】と呼ばれています。

もちろん高級食材なので簡単に手に入らないですし、食べたことない人は「絶対美味しいんだろうな」と想像を膨らませますよね。

僕も料理人として働きだし、初めてキャビアを食べるときは少し緊張しました。(笑)

だってキャビアなんてセレブしか食べられないイメージがあったので。

そして待ちに待った瞬間。

ここぞとばかりに、キャビアをシルバースプーン山盛りにすくい一口で食べました。

しょっぱ!!しかもネチョネチョしてて気持ち悪っ!!

よくこんなものに高い金出して食えるな。セレブは舌が馬鹿なのか?

これが正直な感想です。

まぁ、結果から言うと、馬鹿なのはキャビアのことを何も知らなかった僕だったんですけどね。

ちなみにこの時食べたのは【パストライズキャビア】の【セヴルーガ】という種類でした。

これがどうして美味しく感じなかったのか順番に解説していきますね。

スポンサーリンク

キャビアの種類

キャビアはチョウザメの卵から作られます。

チョウザメは生きた化石ともいわれる古生代の魚で、その産地はカスピ海、黒海、フランスのギロン川などが多いです。

ざっくりと【キャビア】という分類をされていますが、実は種類やランクが存在します。

もちろん値段も味も全然違いますよ。

ここでは代表的な3種類について解説していきます。

オオチョウザメ【ベルーガ】

きめが細かく大粒なのが特徴で、間違いなく値段、味ともに最高ランク。

明るい灰色をしていて、食感は一粒一粒が柔らかいです。

口の中ではじけたときに凝縮された旨味のエキスが広がります。

シップチョウザメ、ロシアチョウザメ【オシェトラ】

茶色っぽい灰色をしていて、ベルーガに比べると粒が小さいです。

口に入れると磯の香りを強く感じる印象があります。

味が整っているので、キャビアを一度も食べたことがない人にもおすすめです。、

ホシチョウザメ【セヴルーガ】

暗い灰色をしていて、ベルーガ、オシェトラより小粒です。

香りと味が少し独特なので、初めてキャビアを食べるならセヴルーガは避けた方が良いでしょう。

キャビアが美味しくないと感じる人のほとんどが、一番最初にこれを食べていることが多いです。

もちろん好みもあるので、「ベルーガのキャビアよりこっちの方が好き」なんて人もいます。

スポンサーリンク

キャビアの製造方法

キャビアは輸入物がほとんどで、その品質を維持するために低温殺菌されていることがあります

そうすると塩分が強くなってしまい、本当のキャビアの味とは程遠いんです。

フレッシュキャビア

低温殺菌されていないキャビアです。

塩分控えめで、キャビアがもつ素材の味を存分に感じることができます。

しかし、低温殺菌されていないので開封後の保存期間が短かいので注意が必要です。

パストライズキャビア

低温殺菌されていて塩分が強いキャビアです。

もちろんそれだけで食べることもできますが、塩味が強いので料理の仕上げやアクセントなどとして使うのが一般的。

フレンチレストランで「〇〇のポワレ キャビアを添えて」なんて書いてあったら、まずパストライズキャビアですね。

なぜならフレッシュキャビアなら素材の味を楽しませるために、他の料理と一緒に提供することはほとんど無いので。

美味しいキャビアの食べ方

キャビアが美味しく感じられる量は3~5gです。

なので、スプーン山盛りなんて問題外。

そもそもキャビアでお腹をいっぱいにしようなんて考えが間違っています。

少しずつ食べて素材の味を楽しむものなんです。

そしてシルバースプーンもダメ。

キャビアはとても繊細な食材なので、金属の匂いが移りせっかくの風味と味が台無しになってしまいます。

木製のスプーンシェルスプーンで食べるのが良いですよ。

そして食べるときはクラッカーやブリニと合わせて食べるのがおすすめです。

ブリニとは

ロシアが発祥の料理で、そば粉を使ったパンケーキのこと

サワークリーム、刻んだオニオン、卵、レモンなどをかけて食べると、より美味しく食べられます。

まとめ 美味しいキャビアとは

フレッシュキャビアの【ベルーガ】です。

これを一度食べたら、他のキャビアでは物足りなくなってしまうことでしょう。

もちろん僕が最初食べたパストライズキャビアの【セヴルーガ】だって、正しく調理すれば美味しく食べられます。

なので、「キャビアは美味しくない」なんて言わないで、それそれのキャビアの特徴に合わせた食べ方をしてみてはどうでしょうか。

こちらもCHECK

世界三大珍味の【トリュフ】ってどんな味?現役フレンチシェフが解説

こちらもCHECK

【フォアグラはまずい?】高級食材の闇をフレンチシェフが暴露

-食材