食の知識

【トリュフ】を豚が見つけられる理由!犬との違いは?

世界三大珍味のトリュフは、その魅力的な香りから世界中の美食家たちに愛されています。

そんなトリュフは森の中で地中30cmに埋まっていて姿を見せないキノコとしても有名です。

そして肉眼では見つけることができませんが、熟成し食べ頃になると香りを発するという特徴があります。

またトリュフは木の周辺の水分を吸い上げて成長するので、トリュフが埋まっているところは草が極端に少ないです。

「それなら肉眼でもみつけられるじゃん」

ところが、仮にトリュフを見つけられたとしても熟成されていないと、あの魅力的な香りは無いのです。

それに土から一度出してしまうと「熟成してないから」と、また埋め直してもそこで成長は止まってしまいます。

そんな理由から、完全に熟成されたトリュフを見つけるため、鼻の利く動物を使って探しているんです。

スポンサーリンク

トリュフを豚が見つけられる理由

豚は感覚の中で嗅覚が最も発達しており、犬よりも優れています。

もちろんそれだけが豚を使う理由ではありませんが、トリュフ探しには必ずメスの豚を連れていくという特徴もあります。

 

いったいなぜなのでしょうか?

豚のフェロモン

トリュフ探しにメス豚を使うのはフェロモンに関係があります。

トリュフには、「α‐アンドロステロール」という匂いの成分が含まれており、この成分はオス豚が交尾の時期に分泌する「性のフェロモン」と非常に似ています。

なので、メス豚はオス豚の匂いと勘違いして必死に探すんです。

そんなわけで特別な訓練をしなくても、本能的にトリュフを見つけることができるんですね。

食べてしまう

ここで大きな問題があります。

豚がトリュフを見つけてくれるまではいいのですが、勝手に掘り起こして食べてしまうんです。

せっかく見つけても、それじゃ意味がないですよね。

豚もやっと見つけたものなので、強引に奪おうとすれば暴れて噛みつくこともあり、とても危険です。

なので、豚が掘り起こし始めたら

 

スポンサーリンク

犬じゃダメなの?

豚には劣るもの、もちろん犬の嗅覚も優秀です。

それに豚と違って、勝手にトリュフを掘り起こして食べるなんてこともしませんし、機動力だって豚の比じゃありません。

トリュフを見つけたら吠えて主人に知らせてくれるし、とても賢いんです。

「じゃあ、犬でもいいじゃん」

もちろん犬でも構いません、むしろ従順な犬の方がトリュフ探しには向いているでしょう。

では、なぜ犬が使われないのでしょうか?

コストの問題

トリュフを見つけられる犬を育てることはとても大変です。

まず、トリュフという存在を認識させ、見つける訓練をしなくちゃいけません。

もちろん数回で覚えることは不可能なので、何百回何千回と繰り返し訓練します。

それには莫大な時間と費用が掛かってしまうんです。

犬の寿命を考えると、トリュフを探すためだけにそこまですることは難しいでしょう。

もちろん人命救助犬麻薬捜査犬のように、国のお金で育成できるなら話は別ですけどね。

なので、豚を使うことが主流になっているのです。

まだまだ数は少ないですが、もちろんトリュフ犬も存在します。

いずれ訓練施設などが確立されれば、トリュフ探しは犬が主流になる時代もくるかもしれませんね。

まとめ トリュフの香りと豚の匂い

トリュフの芳醇な香りと、豚のフェロモンの匂い似ているなんて驚きですよね。

でも、必死になってオス豚のフェロモンの匂いを探しても、食べることもできず取り上げられてしまうなんてちょっと可哀想な気がもしますよね。

以上がトリュフを豚が見つける理由です。

私たちがトリュフの香りに魅了されるのは、意外と動物的な感覚からなのかもしれませんね。

こちらもCHECK

高級食材の【トリュフ】ってどんな味?100回以上食べたプロが解説

-食の知識

© 2021 yayukiの家