食材

トリュフ塩は臭い!?おすすめの使い方をフレンチシェフが解説!

  • トリュフ塩って臭いの?
  • どんな匂いなのか具体的に教えて!
  • おすすめの使い方が知りたい!
ヤユキ

こんな疑問に答えていきます。

トリュフ塩は「世界三大珍味のトリュフが手軽に食べられる」と人気の調味料です。

  • 生のトリュフと比べて1/10の価格
  • 値段からは考えられない贅沢なトリュフの香り
  • 一振りで料理がワンランクアップ
  • どんな料理にも合うから使い方に困らない
  • 簡単に使えて料理が楽しくなる

こんなメリットがあるトリュフ塩ですが、
初めて食べる人は強烈な匂いに驚くかもしれません。

もともとトリュフは香りが強い食材です。

そんな香りの強いトリュフを乾燥させ、凝縮しているのがトリュフ塩だからです。

トリュフ好きにはたまらない匂いなんですけどね。

この記事の内容

  • トリュフ塩は臭い!と言われる理由
  • そもそもトリュフ塩ってなに?
  • トリュフ塩の味は?
  • トリュフ塩の種類と使い方
  • デザインもオシャレなトリュフ塩
  • すぐにできる!おすすめの食べ方

トリュフ塩が「臭い」と言われる理由は?

トリュフ塩が「臭い」と言われる理由は、トリュフの香りを凝縮しているからです。

トリュフ塩は、もともと香りの強いトリュフを乾燥させることで、香りと旨味を凝縮しています。

なので、トリュフを食べたことのない人には強烈な匂いに感じてしまうのです。

ちなみに、初めてトリュフ塩を使った人はこんな風に感じるみたいです。

  • ガスのような匂い
  • ゴムのような匂い
  • プラスチック製品を開封したときの匂い

「匂い」って、人それぞれ感じ方が違うから難しいよね。

そんなトリュフ塩ですが、匂いが強烈だと感じるのも最初だけです。

空気に触れることで徐々に香りが和らぎ、マイルドになって使いやすくなります。

さらには使っていくうちに、トリュフの美味しさに気づいてクセになっていくと思いますよ。

トリュフ塩とは?

トリュフ塩は、乾燥させた白や黒のトリュフと天然塩を合わせた調味料のことです。

本来トリュフは収穫できる時期が限られているため、短い期間しか食べることができませんでした。

そこで美味しいトリュフを一年中食べられるように作られたのが【トリュフ塩】なんです。

それだけトリュフの香りに魅了される人が多いってことだね。

実際、日本ではまだまだ高級なイメージのトリュフ塩ですが、フランスのスーパーでは普通の塩と並んで売られています。

フランス人にとっては、それぐらい一般的な調味料なんです。

それに日本で売っているトリュフ塩は梱包もオシャレなので、プレゼントやギフトとしても人気があります。

トリュフ塩の種類

岩塩と海塩の2種類があります。

岩塩タイプ

  • 海水が結晶化したもの
  • 粒が粗くガリガリした食感を楽しめる
  • 水に溶けにくく、塩の旨味が凝縮されている

肉やサラダと相性が良く、食感を加えることで料理にアクセントをつけます。

海塩タイプ

  • 家庭で普段使っている一般的な塩
  • サラサラしていて、水に溶けやすい
  • ミネラルを多く含んでいて塩っ気を強く感じる

魚料理や煮込み料理など、加熱して塩を溶かしたいときに最適です。

トリュフ塩の味

トリュフのスライス

トリュフ塩には「白トリュフ」、「黒トリュフ」を使ったものの2種類があります。

黒と白で味が全然違うので、自分の好みで決めましょう。

白トリュフ塩

『にんにく』のような芳醇な味わい

本来は白トリュフの方が希少性が高いので、値段も黒トリュフの倍以上します。

しかし、トリュフ塩なら値段は黒トリュフとほぼ同じです。

黒トリュフ塩

『海苔』のような海藻系な味

トリュフ塩は、手軽に持ち運べるのでキャンプやバーベキューで使われることも多いです。

いつもと違う味を外でも楽しめる」って人気なんですよ。

トリュフの味や違いについては、世界三大珍味の【トリュフ】ってどんな味?現役フレンチシェフが解説で詳しく解説しています。

トリュフ塩の上手な使い方

トリュフ塩を上手に使うコツは、
料理によって、黒トリュフと白トリュフを使い分けることです。

黒トリュフ塩の使い方

黒トリュフ塩は料理の途中で加え、加熱して使うのがおすすめです。

その理由は、黒トリュフは加熱をすると香りが強くなる性質があるからです。

もちろん、そのままでも食べられます。

いつもの炒め物や煮込み物に使えば、マンネリ化している料理がトリュフ風味に大変身しますよ。

白トリュフ塩

白トリュフ塩は加熱せず、料理の仕上げに使いのがおすすめです。

理由は、白トリュフは加熱すると風味が薄くなる性質があるからです。

黒トリュフとは逆なんだね。

しかし、白トリュフは香りが強いので、マイルドにしたい人は少し加熱してもいいかもしれませんね。

見た目もオシャレな
【トリュフ塩】

ここまでトリュフ塩について説明してきましたが、実際に使うとなると種類も多いので、どれにしようか迷いますよね。

そんなときは見た目もオシャレなトリュフ塩を選ぶのもいいかもしれません。

もちろん実際に使って、美味しかったものを紹介していますよ。

ジャパンソルト トリュフソルト

開封したトリュフ塩

シンプルな見た目で、落ち着いた雰囲気のキッチンと相性が良いです。

トリュフ塩ブームの火付け役になった商品で、シンプルな見た目からは想像もできないほどトリュフの香りを感じることができます。

塩は有名なフランスのゲランド産、トリュフはイタリア産にこだわっているので、品質がしっかりしてるのもポイントです。

白トリュフ、黒トリュフがセットなので、料理に合わせて使い分けができます。

内容量25g
原産国イタリア
原材料食塩、トリュフ、香料

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩

専用の箱が付いている、タルトゥフランゲの白トリュフ塩です。

オシャレな箱に入っているので、高級感のあるインテリアとしてもおすすめ。

高級感ある見た目なので、ギフトや贈り物としても人気があります。

白トリュフはアルバ産の最高級のものを使用しており、その香りは別格です。

しかし、高級トリュフを使用しているゆえに値段も高め。

内容量30g
原産国イタリア
原材料食塩、トリュフ、香料

ロイヤルトリュフソルト 黒トリュフ

黒トリュフとピンクソルトを合わせたトリュフ塩です。

ピンクソルトは鮮やかなピンク色が特徴で、塩独特の塩辛さが控えめで、まろやかな甘さがあります。

トリュフの香りと、ピンクソルトの甘味を同時に感じることができ、どんな料理とも相性が良いです。

料理の仕上げにサッと一振りするだけで、一気に高級感が増しますよ。

内容量50g
原産国イタリア
原材料食塩、トリュフ、香料

すぐにできる!トリュフ塩のおすすめの食べ方

ここでは、「誰でも簡単にできる、トリュフ塩の美味しい食べ方」を紹介します。

ステーキ

トリュフ塩をかけただけで、いつものステーキが高級レストランの一皿に大変身します。

噛めば噛むほどトリュフの香りと肉汁の旨味が混ざり合い、飲み込むのがもったいなく感じるほど。

焼く前にかけてもいいですし、仕上げにかけても抜群に美味しいです。

野菜炒め

いつもの野菜炒めも、トリュフ塩を使えば洋食の一品に変わります。

トリュフの香りを野菜が吸収するので、野菜の甘みとトリュフの香りが一気に口の中に広がります。

マンネリ化した野菜炒めも、サッと一振りでアレンジできちゃいます。

オムレツ

もともとトリュフとたまごは相性が良いです。

卵料理のなかでも、オムレツの仕上げに白トリュフ塩をかけるのがおすすめ。

トリュフとたまごのが混ざり合って、なんとも言えない香りが部屋いっぱいに広がります。

目玉焼きでも美味しいですよ。

フライドポテト

マクドナルドで塩なしのフライドポテトを注文し、家でトリュフ塩をかけて食べる。

優勝です(笑)

だたし冷めてしまうと微妙なので、できるだけ熱いうちにかけるのがポイント。

おにぎり

意外かもしれませんが、トリュフとご飯も相性が良いです。

炊きたてのご飯でおにぎりを作り、サッとトリュフ塩をかけて食べます。

味は洋食っぽくなるので、みそ汁よりスープの方が合います。

トリュフ塩で作ったおにぎりを、市販のコンソメスープに入れてリゾットにしても美味しいですよ。

トリュフ塩のまとめ

  • トリュフ塩は、乾燥トリュフと天然塩の調味料
  • 塩の種類は『岩塩』、『海塩』
  • トリュフの種類は『白』、『黒』
  • 使い方はかけるだけ

トリュフ塩が臭いと感じるのは、トリュフを乾燥させることで、さらにその香りが凝縮されているからです。

しかし空気に触れることで徐々に香りが和らぎ、マイルドになって使いやすくなっていきます。

なので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

トリュフ塩は、手軽にトリュフの香りを堪能できる調味料です。

使い方は、いつも使っている塩と同じなので、とくに難しいこともありません。

まだトリュフを食べたことがない人は、この機会に世界三大珍味のトリュフを堪能してみてはいかがでしょうか。

-食材
-