食材宅配

【離乳食を使うならどっち?】コープデリとパルシステムを徹底比較!

  • 離乳食がちゃんと作れるか不安
  • 安全で美味しい離乳食を食べさせたい
  • 育児の負担やストレスを少しでも減らしたい
  • 一人目の離乳食で苦労したから今回はなんとかしたい

「子どもにはご飯をモリモリ食べて大きくなってほしい」と思うのが親の気持ちですよね。

生後6カ月ぐらいまではミルクなので、そこまで食事作りに悩んだり苦労はしませんが離乳食になるとそうはいきません。

なぜなら離乳食と大人の食事は作り方が全く違うからです。

なので普段から料理をしている人でも必ず苦労するはず。

さらには、子どもの睡眠時間に合わせて生活することになるので、寝不足で疲労もたまります。

そんななか買い物に行って、離乳食を作るのは相当キツイです。

ヤユキ

我が家では離乳食の初期に、全て手作りして地獄を見ました。

作っても食べてくれないことが多いからイライラしちゃうし、夫婦仲も険悪ムードだったよね(笑)

そんなときに救世主だったのが「生協の食材宅配」です。

送料無料だったこともあり、コープデリとパルシステムの両方に加入していました。

この記事ではコープデリとパルシステムの離乳食にどんな違いがあるのか徹底比較しています。

一目でわかるコープデリとパルシステムの離乳食を徹底比較

さっそく結論からいうと、



コープデリ


パルシステム
カタログきらきらBaby&Kidsyumyum(ヤムヤム) For Baby&Kids
品質・安全性の基準値と同じ国の基準値よりも厳しく
値段スーパーとほぼ同じ少し高い
離乳食の数2437
全体の商品数5,000種類以上2,500種類以上
子育て中の割引
子育て割引の期間1~2年6カ月~1年
出資金500~1,000円1,000~2,000円
配送エリア1都7県1都11県
配送方法自社便自社便
注文方法・インターネット
・注文用紙   
・電話注文   
・専用アプリ  
・インターネット
・注文用紙   
・電話注文   
・専用アプリ  
離乳食のおためしセット
支払い方法口座振替口座振替
クレジットカード
公式サイト詳細を見る詳細を見る

どちらも食材を自宅に届けてくれる『生協』ですが、上記の表を見るとわかるように、かなり違いがありました。

利用し始めてから後悔しないためにも、どちらが自分に向いているのか知っておきましょう。

コープデリとパルシステムを項目別に比較

コープデリとパルシステムを離乳食の視点で、項目別に比較しました。

ヤユキ

気になる項目をタップすると、そこまでスキップします。

離乳食のカタログの違い

コープデリとパルシステムには、子育て世帯に向けたカタログがあります。

商品の数や種類に違いはありますが、全体的な内容はほぼ同じです。

どちらも離乳食だけでなく、幼児食や飲料、オムツなどの子育てグッズまで取り扱っています。



コープデリ


パルシステム
カタログ名きらきらBaby&Kidsyumyum(ヤムヤム) For Baby&Kids
表紙

商品の種類・離乳食
・幼児食
・ミルク
・オムツ
  ・子育て用品
・離乳食
・幼児食
・ミルク
・オムツ
  ・子育て用品
ページ数8ページ8ページ
商品数207166

カタログには離乳食の食べさせやすい組み合わせや、先輩ママたちの経験談も載っているので子育ての参考になるはず。

食べてくれなくて悩んでいたときに「ウチではこうやって食べさせました」みたいな経験談があると助かるよね。

ちなみにカタログは資料請求すると無料で自宅に届けてくれます。

ヤユキ

実際に2つのカタログを見比べてみると、商品の値段やそれぞれの雰囲気がわかるよ。

>>コープデリのカタログを取り寄せてみる

>>パルシステムのカタログを取り寄せてみる

品質・安全性が高いのはパルシステム

コープデリとパルシステムでは食品に様々な検査が実施されていますが、パルシステムのほうが品質・安全性が高いです。



コープデリ


パルシステム
放射能検査の数値国と同等国よりも厳しい基準
アレルゲン検査
残留農薬検査
微生物検査
有機野菜少ない多い
化学調味料使用不使用
遺伝子組み換え食材ありなし

コープデリとパルシステムでは放射能検査、アレルゲン検査、残留農薬検査、微生物検査が実施されています。

しかし、放射能検査の数値を比較してみると、コープデリの商品は国の基準値と同等ですが、パルシステムは国の基準値よりさらに厳しく設定されています。

またパルシステムにはオリジナル食品が多く、製造から出荷まで一括管理しているのも安全性が高い理由です。

パルシステム食品の特徴

  • 化学調味料の不使用
  • 遺伝子組み換え食材を使用しない
  • 野菜は有機野菜・減農薬野菜のみ
  • 農家さんから産地直送の新鮮な野菜
  • お肉は国産100%
ヤユキ

パルシステムの安全性は業界トップクラス!

一方でコープデリの食品は、一般の企業が製造しているものが多いので、正確な安全性はメーカーによってバラバラです。

どちらも国が定める検査基準は満たしていますが、安全性を重視しているならパルシステムの方が良さそうですね。

値段が安いのはコープデリ

同一商品または類似品で価格を比較してみると、コープデリの方が安かったです。

商品名

コープデリ


パルシステム
国産野菜のキューブ321円410円
うらごしコーン308円321円
うらごし人参307円308円
やわらかうどん267円289円
野菜入り粥410円410円
和光堂レーベンスミルクはいはい1,725円1,980円
ビーンスタークすこやかM1(粉ミルク)2,149円2,050円
Merries(メリーズ)1,336円1,340円
moony(ムーニー)1,298円1,315円
Pampers(パンパース)1,584円1,261円
おしりふき236円348円
赤ちゃんの水2リットル205円267円
表示価格は税込み

パルシステムでも定期的にセールがあるので、場合によってはコープデリより安いときもあります。

ただ年間を通してみてみると、やはりコープデリの方が安い商品が多いですね。

離乳食の種類が豊富なのはパルシステム

離乳食の種類はパルシステムの方が多いです。

ヤユキ

どちらも月齢ごとの離乳食を取り扱っています。

商品
コープデリ

パルシステム
離乳食2437
幼児食3420
ミルク239
お菓子197
飲料97
オムツ6464

しかし全体の商品数を比較してみると、コープデリが約5,000種類、パルシステムが約2,500種類なので、幼児食や子ども用品はコープデリの方が多いです。

またコープデリは西松屋と提携しているので、子ども服や哺乳瓶、歯ブラシなどの種類も豊富。

しかも西松屋の公式サイトだと送料が690円かかりますが、コープデリの子育て割引の期間中なら送料無料で利用できます。

離乳食の種類だけならパルシステムの方が多いですが、「子どもの日用品も一緒に注文したい」という人はコープデリの方が使いやすいです。

子育て割引が長いのはコープデリ

コープデリとパルシステムには、それぞれ子育て世帯向けの割引サービスがあり、割引期間が長いのはコープデリでした。

ヤユキ

割引期間は住んでいる地域によって変わります。

地域



コープデリ
【赤ちゃん割引】


パルシステム
【ベイビー特典】
東京1年間1歳までに申請⇒6ヶ月間
千葉1年間
埼玉1年間出産前に申請⇒8ヶ月間
出産後に申請⇒6ヶ月間
神奈川1歳になるまで
茨城2年間出産後6カ月以内に申請⇒1年間
栃木2年間出産後6カ月以内に申請⇒1年間
群馬2年間1歳までに申請⇒6ヶ月間
福島
山梨1歳になるまで
長野2年間1歳になるまで
静岡1歳になるまで
新潟2年間2歳までに申請⇒6ヶ月間

通常だと毎週送料がかかりますが、子育て割引中だと送料無料です。

離乳食期は子どもから目が離せない時期なので、商品を送料無料で自宅に届けてくれるのは助かりますよね。

育児だけでクタクタだから、買い物に行く余裕なんか無かった…

送料無料の期間はパルシステムだと6カ月~1年間ですが、コープデリなら1~2年間なので利用しやすいのはコープデリですね。

出資金は関東ならコープデリの方が安い

コープデリとパルシステムは生協なので、入会時に「出資金」というものが必要です。

出資金とは?

生協を共同で運営していくために必要なお金のこと

出資金を比較してみると関東圏内ならコープデリの方が安いです。

ヤユキ

年会費はありません。

地域

コープデリ


パルシステム
東京500円1,000円
千葉500円1,000円
埼玉500円1,000円
茨城500円1,000円
栃木500円1,000円
群馬1,000円1,000円
長野1,000円1,000円
新潟1,000円1,000円
神奈川1,000円
山梨1,000円
静岡1,000円
福島2,000円

関東圏内だとコープデリとパルシステムでは出資金に2倍の差がありますが、出資金は退会時に返金されるので、そこまで重視するポイントではないですね。

注文方法は同じ

コープデリとパルシステムの注文方はどちらも同じです。

  • インターネット注文
  • 注文用紙
  • 電話注文
  • 専用アプリ

寝かしつけの時間を利用してスマホで注文したい人は「インターネット注文」か「専用アプリ」を利用するのがおすすめ。

スキマ時間に品定めと注文ができるから助かるよ。

離乳食のおためしセットの違い

コープデリとパルシステムには、入会前に利用できる「離乳食のおためしセット」があります。

もちろんおためしセットを注文しないでも入会できますが、どんな感じか実際にためしてから決めたい人は、試してみるのがおすすめです。


おためしセット


コープデリ


パルシステム
名称すくすく子育てセットyumyum(ヤムヤム)離乳食おためしセット
品数4品6品
配送方法コープデリ自社便ヤマト宅急便
送料無料無料
価格500円780円
支払い方法クレジットカード代金引換
公式サイト詳細を見る詳細を見る

ちなみにおためしセットや資料請求をすると勧誘があります

コープデリやパルシステムの口コミを見てみると「勧誘がしつこい」という書き込みもありました。

しかし、我が家の場合は「利用したいときはこちらから連絡します」と言ったら、それ以降の勧誘は一切ありませんでした

ヤユキ

勧誘の電話にでなかったり、曖昧な返事をすると何度も連絡してくることがあるみたいだね。

配送方法は自社便

コープデリとパルシステムで注文した商品は、週に1回それぞれの「自社便」で配送されます。

自社便はエリアごとに配送日時がきまっているので、自分で指定はできません。

ヤユキ

コープデリの場合は「火曜の2時と木曜の11時どっちがいいですか?」と聞かれました。

パルシステムは木曜の10時を指定されました。

しかし日時の指定はできませんが、置き配に対応しているので不在でも大丈夫です。

配達員さんの対応は当たりハズレがある

コープデリもパルシステムも地域によって配達員さんが違うので、どうしても当たりハズレがあります。

カッコイイお兄さんだったり、無愛想なおじさんだったり。

よほどの理由がない限りは達員さんの変更ができないので、「態度の悪い人だったらどうしよう」と不安になりますよね。

しかし子どもが小さいときは、どんな配達員さんだったとしても、置き配にしてもらいましょう。

なぜなら、インターホンの音でせっかく寝かしつけた赤ちゃんが起きてしまうからです。

絶対に置き配の方がおすすめ。

置き配なら配達員さんに会わないので、容姿や態度はそこまで重要じゃないですよね。

配送地域はパルシステムのほうが広い

コープデリは1都7県、パルシステムは1都11県で利用できます。

地域

コープデリ


パルシステム
東京
千葉
埼玉
茨城
栃木
群馬
長野
新潟
神奈川
山梨
静岡
福島

利用したいけど関東じゃない」という人は、以下の生協もコープデリとほぼ同じ内容で利用できます。

▶︎神奈川・静岡・山梨はおうちコープ
▶︎岐阜・愛知・三重はコープぎふ・コープあいち・コープみえ
▶︎京都・滋賀・大阪・和歌山はコープきんき
▶︎宮城・福島はみやぎ生協・コープふくしま
▶︎北海道はコープさっぽろ

支払い方法の違い

支払い方法は、コープデリが口座振替のみ、パルシステムは口座振替とクレジットカードが利用できます。

支払い方法

コープデリ


パルシステム
口座振替
クレジットカード
ヤユキ

支払いをクレジットカードで済ませたい人はパルシステムだね。

退会方法の違い

コープデリとパルシステムでは、どちらも退会書類を記入し提出することで退会できます。

コープデリの退会方法

  1. 配達員差から退会書類をもらう
  2. 記入
  3. 配達員さんに渡す

パルシステムの退会方法

  1. インターネットか電話で退会書類を送ってもらう
  2. 記入
  3. パルシステムへ郵送
ヤユキ

パルシステムならインターネットと郵送なので、誰とも会話せずに退会できます。

離乳食のコープデリとパルシステムの口コミ・評判

実際にコープデリとパルシステムを利用しているユーザーの口コミを集めました。

コープデリの口コミ・評判

パルシステムの口コミ・評判

子育て割引中なら同時に利用するのもアリ

コープデリとパルシステムの子育て割引が両方とも使える地域なら、同時に利用するのもアリです。

ヤユキ

我が家は2つとも使っていました。

離乳食は安全性の高いパルシステムで注文して、子育て用品は値段が安く種類が豊富なコープデリで注文するという利用のしかたです。

  • 【離乳食】安全性が高い
    →パルシステム
  • 【子育て用品】安くて種類が多い
    →コープデリ

たしかに2つとも利用すると管理するのが少し手間ですが、送料無料ですし注文しなくても問題ないので、とくにデメリットはありません

同じ商品は値段の安い方で注文♪

子育て割引が終わると送料がかかるので、どちらか片方を解約しましょう。

コープデリとパルシステムの離乳食を徹底比較|まとめ

あらためてコープデリとパルシステムの違いは以下のとおりです。



コープデリ


パルシステム
カタログきらきらBaby&Kidsyumyum(ヤムヤム) For Baby&Kids
品質・安全性の基準値と同じ国の基準値よりも厳しく
値段スーパーとほぼ同じ少し高い
離乳食の数2437
全体の商品数5,000種類以上2,500種類以上
子育て中の割引
子育て割引の期間1~2年6カ月~1年
出資金500~1,000円1,000~2,000円
配送エリア
1都7県
1都11県
配送方法自社便自社便
注文方法・インターネット
・注文用紙   
・電話注文   
・専用アプリ  
・インターネット
・注文用紙   
・電話注文   
・専用アプリ  
離乳食のおためしセット
支払い方法口座振替口座振替
クレジットカード
公式サイト詳細を見る詳細を見る

あなたが何を重視するかによって選ぶサービスが違います。

コープデリとパルシステムには、商品の安全性や値段の安さなどに違いがありました。

他の人が書いた記事を読んでみると「絶対に〇〇がおすすめ!」と書いてありますが、実際は家庭の経済状況や子育ての考え方があるので、個人的にはケースバイケースだと思っています。

ヤユキ

送料無料で2つとも利用して、途中で利用頻度の低い方を解約するというのも全然あり。

離乳食作りが楽になると、料理や買い物のストレスが減って夫婦の衝突も少なくなります。

実際に使ってから決めたい人はおためしセットや資料請求もあるので、利用してみてはどうでしょうか。

おすすめの記事
【離乳食の食材宅配サービス5社を比較!】おすすめベビーフードランキング

続きを見る

-食材宅配
-, ,