食材

今人気のトリュフバターとは?気になる使い方とおすすめ3選

トリュフバターはあまり知られていない調味料ですが、テレビで取り上げられたことでその認知度が一気に上がりました。

とはいえ、まだまだマイナーな調味料なのでネットで調べても使い方に関する情報は少ないです。

フレンチレストランなどでは頻繁に使われる調味料なんですけどね。

ちなみにトリュフバターとは、世界三大珍味の【トリュフ】と【バター】を合わせた調味料のこと。

そのままパンに塗って食べたり、料理の仕上げに加えたりと使い方は様々です。

口に入れた瞬間にトリュフとバターの香りが一気に広がり、鼻から抜けていく感覚はクセになりますよ。

この記事では、今まで10種類以上のトリュフバターを使ってきた筆者が、その使い方とおすすめ3選を紹介していきます。

こんな方におすすめの記事

  • トリュフバターを買ってみようか迷っている
  • トリュフバターの味や匂いを知りたい
  • トリュフバターの使い方を知りたい
  • おすすめのトリュフバターが知りたい

スポンサーリンク

トリュフバターとは

世界三大珍味の黒トリュフや白トリュフを細かくきざみ、バターと合わせたものがトリュフバターです。

トリュフは香りが豊かで美味しいのですが、自分で調理をするのは難しく、気軽に食べられませんよね。

しかしトリュフバターなら、自宅で思う存分トリュフを堪能できます。

値段もフレッシュトリュフほど高くないので、コスパも良いのが特徴です。

トリュフバターの味

トリュフバターは有塩バターの味です。

有塩バターとは食塩が入ったバターのこと

「トリュフの味は?」と心配になるかもしれませんが、実はトリュフにはほとんど味がありません。

トリュフが世界三大珍味といわれる理由は、味ではなく香りなんです。

トリュフバターの匂い

トリュフバターの匂いは、文字通り【トリュフ】+【バター】の匂いです。

なので、黒トリュフか白トリュフかで匂いが異なります。

黒トリュフの匂い

  • 土のような匂い
  • 森林の中にいるような香り
  • 切った瞬間の木の匂い
  • 湧き水のような香り
  • キノコのような匂い

白トリュフの匂い

  • 濃厚なバターのような香り
  • ほのかに動物の匂い
  • アーモンドのような香り
  • にんにくのような匂い

なかなか匂いを表現するのは難しいですが、ざっくり言うと

  • 黒トリュフは植物性の自然の匂い
  • 白トリュフは動物性の濃厚な匂い

本来なら白トリュフは値段が高く、黒トリュフの倍以上します。

しかし、トリュフバターではそこまで値段の差はありません。

ちなみに白トリュフの方が匂いを強く感じます。

トリュフについては世界三大珍味の【トリュフ】ってどんな味?現役フレンチシェフが解説で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

トリュフバターの使い方

トリュフバターの使い方は、基本的には普通のバターと同じです。

パンに塗ったり、パスタと絡めたり、ステーキにのせたりして使います。

ただ一つだけ違うことは加熱する調理に向かないこと。

トリュフバターは加熱し過ぎてしまうと、せっかくのトリュフの香りが薄れてしまうからです。

なので、温かい料理に使うときは直前に加えたり、仕上がった状態に絡めて溶かすようにしましょう。

トリュフバターの保存方法

つぎにトリュフバターの保存方法を解説していきます。

  • 密閉できる容器で保存
  • 使う分だけ素早くカット
  • 冷凍しない
  • なるべく早く使い切る

密閉して保存

トリュフバターは密閉して保存しましょう。

理由は空気に触れると、トリュフの香りが薄くなってしまうからです。

使い終わったら、しっかりとフタが閉まっているか確認して冷蔵庫に入れましょう。

常温にしない

トリュフバターは必要な量だけ素早く取り出して使いましょう。

バターは一度溶けてしまうと、組織が壊れてしまい同じ形に固まらないからです。

香りが薄れるだけでなく舌触りも悪くなるので、なるべく常温にならないようにしましょう。

冷凍しない

普通のバターなら冷凍しても全く問題ないのですが、トリュフバターではやってはいけません。

解凍したときにトリュフから水分が抜けて、風味が薄れてしまいます。

長期保存するために冷蔵したいところですが、美味しいトリュフバターを食べるなら冷蔵保存がおすすめです。

なるべく早く使い切る

トリュフバターは最初に開封した瞬間が一番美味しいです。

それ以降は空気に触れたり、時間の経過でどんどん劣化していきます。

なので、一度開封したら出し惜しみしないで、なるべく早く使い切りましょう。

トリュフバターはどこで買える?

トリュフバターはネット注文か専門店じゃないと取り扱っていません。

レストランなどでは頻繁に使われるトリュフバターですが、まだまだ日本ではマイナーな調味料です。

スーパーなどにはまず売っていないので、実物を手に取って購入するのは難しいと思います。

ヤユキ

こんなに美味しいのになんでなんだろ?

トリュフバターは自分でも作れる?

トリュフのスライス

もちろんトリュフとバターがあれば自分だけのトリュフバターを作ることが可能です。

しかし、トリュフは値段が高いので、それなりにお金がかかります。

  • トリュフ+有塩バター
  • トリュフ+無塩バター+塩
  • トリュフソルト+無塩バター

これらの材料をフードプロセッサーで素早く混ぜれば完成です。

撹拌しすぎるとバターが分離してしまうので注意。

一応作り方の説明はしましたが、トリュフバターとして売っているものがすでに美味しいので、わざわざ作る意味は無いと思います。

トリュフが大量にあって使い方に困っている!とかなら話は別ですが…

おすすめトリュフバター3選

僕はレストランの厨房で使ったものを合わせると、10種類以上のトリュフバターを使ってきました。

そのなかで、とくに風味がよく美味しかったトリュフバターを3つ紹介します。

イナウディ トリュフバター

美食で有名なイタリアのピエモンテ州が味を認めている、イナウディのトリュフバターです。

本場イタリアのトリュフを使用しているので、とても香りが良いのが特徴。

バターはやわらかい無塩バターを使用しているので、ご飯と合わせれば手軽にバターライスを作ることもできます。

好みの岩塩と合わせて食感を楽しむのもオススメです。

メーカーイナウディ
内容量80g
原産国イタリア
原材料バター、黒トリュフ、香料
¥3,102 (2021/10/24 03:05時点 | Amazon調べ)

サバティーノ 白トリュフバター

サバティーノは世界中に100年以上もトリュフを輸出しているトリュフのスペシャリストです。

バターはきめの細かい上積み部分だけを集めた澄ましバターを使用しています。

使用しているビアンケット・トリュフ(春トリュフ)はとても収穫量が少なく、貴重なトリュフです。

その香りはまさに絶品で、たった一口でトリュフの香りが広がります。

卵料理と相性抜群なので、使い勝手が良いのもおすすめポイント。

メーカーサバティーノ
内容量80g
原産国イタリア
原材料バター、ビアンケット・トリュフ

サバティーノ 黒トリュフバター

先ほどの白トリュフバターと同じ、サバティーノが取り扱っている黒トリュフバターです。

こちらも上質なバターだけを集めた澄ましバターを使用しています。

香りが強すぎないサマートリュフを使用しており、バターの風味を生かしつつトリュフの香りも感じれる、まさに絶妙の配合です。

クリーム系の料理やパスタとの相性が良いので、パスタ好きなら一度は使っておきたいところ。

メーカーサバティーノ
内容量80g
原産国イタリア
原材料バター、黒サマートリュフ

トリュフバターのまとめ

トリュフバターとは世界三大珍味のトリュフとバターが絶妙なバランスで合わさった調味料のことです。

使い方

  • 加熱し過ぎない
  • 仕上げや温かい料理と合わせるだけ
  • 保存するときは空気に触れないようにする
  • 使う分だけサッと出す
  • なるべく早く使い切る

トリュフバターは基本的に普通のバターと同じなので、使い方も難しくありません。

自宅で手軽にトリュフの香りを楽しめるので、トリュフを食べたことがない人はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

¥3,102 (2021/10/24 03:05時点 | Amazon調べ)

-食材
-